保険はファイナンシャルプランナーへの相談が大切|人生プランニング

保険の勧誘

勧誘に良いイメージがない人が多い

勧誘というとどのようなことが思い浮かぶでしょうか。学生であれば新入生として迎えた4月ごろ部活の勧誘をした人が多かったかもしれません。これに対して、社会人は、宗教の勧誘やネットワークビジネスの勧誘を受けたことが多い人もいるでしょう。社会人の間で「宗教の勧誘やネットワークビネスの勧誘だけは勘弁してほしい」という言葉がありますが、人々の勧誘に対するイメージはプラスよりもマイナスのほうが多いのです。勧誘をされ決める人というのはよほど気が弱いか、勧誘員の話を信じ込んでしまう真面目なタイプのどちらかではないでしょうか。 それ以外の人は勧誘に対しては基本的に拒否をし続けます。相手がしつこければしつこいほど頑なに拒むのです。

保険相談が出てきた理由

人は、自分の意思で決めたことを大事にします。よほど自分というものを持っていない人を除けば人に決められたことばかりを選択することはしないのです。 保険の勧誘も同じです。いくらたくさんの人や会社にテレアポをした場合でも、相手は基本的には拒否反応を示すでしょう。 そこで、新しく出てきたのが保険相談を行う保険ショップです。保険ショップは保険会社と代理店契約を結び、毎月一定の報酬をもらって、保険相談をして複数の保険会社の紹介をするものです。例えば死亡保険で言えば40社近くもある保険会社から保険相談をして選ぶようにします。おそらく、たくさんの保険外交員の営業マンを雇うより、保険代理店に手数料を払って顧客の方で保険相談をして決めてもらったほうが良いと判断したのです。